1回やっても駄目ならば

ヤミ金は一度でも手を出すと生活が壊されてしまう

1回やっても駄目ならば

債務整理を任意整理から始めた場合、1回目の措置を取っても全く効果が出ないこともあります。本来は決められた通りに返済を行って、少なくとも3年以内に完済することを目標としているのですが、それが不可能であると判断出来る時期が出てきます。もし不可能と判断した際は、再び弁護士に相談し、債務整理を考えることになります。

 

もしこのまま放置したのであれば、当然完済する条件を満たされていないと判断され、一括での請求をさせられることもあります。高額な場合は払えないこともあるので、もし難しい状態に陥ったのであれば、早々に話を進めておかなければなりません。弁護士に再び債務整理をしたいと話をして、もっと強力な方法に切り替えます。

 

2回任意整理を行うように、同じ方法を2度行えることはありません。また弱い方向に向かって債務整理をすることもできないので、個人再生をしてから任意整理も出来ないのです。任意整理をしたのであれば、次に取るべき手段は個人再生か自己破産であり、個人再生をしていた場合は自己破産しか選択肢は残されていません。

 

決められている時期までに完済することが不可能となっているのであれば、弁護士と何度も相談をしたうえで、もう1度債務整理を行っても構いません。何度行うとしても、債務整理をするなら基本は債務整理相談を弁護士や司法書士で行うようにしてください。

MENU